2011年12月09日

[放送大学]宿敵!バイオサイエンスで豊かな暮らし

放送大学入学〜卒業まで!目指せ!大学卒業資格!
三十路すぎからの通信制大学奮闘気です。



苦手な教科もなんとか克服してみようと

バイオサイエンスで豊かな暮らしのテキストを

再度読んでみても、やはり頭に入ってこない。

どうしてなんだろうと考えてみると、やはり

見慣れない学術名が足を引っ張る原因なんだと

思い、なんとか慣れてみようと思った。


まず代表的な大腸菌を表す

Escherichia coli

何故なじまないのかというと、


とにかく読めない(笑)


ネットで調べてみると、どうやら

エスケリキア・コリと読むらしい。


う〜ん、、、、


なんだか少しは馴染んでいける様な

気がしない事もないような気がしてきた(笑)


基本的な微生物の名前はこれから

読み方から調べて、なんとかしようと思って

次の酵母菌を調べてみると、


Saccharomyces cerevisiae


と書いて


サッカロミセス・セレビシエ


と読む、、、、




やっぱり馴染まん!!(笑)



Escherichia coli エスケリキア・コリ(大腸菌)
グラム陰性の桿菌で通性嫌気性菌に属し、
環境中に存在するバクテリアの主要な種の一つである。

この菌は腸内細菌でもあり、温血動物(鳥類、哺乳類)
の消化管内、特に大腸に生息する。

アルファベットで短縮表記でE. coliとすることがある。

バクテリアの代表としてモデル生物の一つとなっており、
各種の研究で材料とされるほか、遺伝子を組み込んで
有用な化学物質の生産にも利用される


Saccharomyces cerevisiae サッカロミセス・セレビシエ
(酵母菌)

出芽酵母は糖を代謝しアルコール発酵を行うことが古来
より知られていた。Saccharomyces cerevisiae という
学名はギリシャ語のσάκχαρον(sakcharon)起源の
ラテン語の糖 Saccharum とギリシャ語の菌μύκηs(myces)、
ビール を意味するケルト語起源のラテン語であるCerevisia
の属格Cerevisiae に由来する。本来のラテン語読みだと
サッカロミケス・ケレウィシアエ
(サッカロミュケース・ケレウィシアエ)であるが、
英語発音(サーッカロマイシーズ・スィレヴィシエ)
に引っ張られて(一種の重箱読み)

サッカロマイセス・セレビシエと呼ばれることも多い。

全体として、ラテン語で「ビールの、糖(を代謝する)菌」
といった意味を帯びる



posted by yohoo at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。